リノベーション&リフォーム 住まいに関するお得な情報をリアルタイムで発信し理想の住まいづくりをプロデュースします。

大切なお住まいの健康診断は? 早めに一度、チェックしてください。

外壁
住宅の外壁は常に風雨にさらされています。ですから、一番傷み易く
汚れや劣化が進んでいます。特にクラック(ひび割れ)などは
水漏れによって大事に至ることも多々ありますので、築年数の長い
建物は出来る限り早い対策が必要となります。

外壁にクラック( ひび割れ)は生じていませんか?

クラックを放置すると、大気中の炭酸ガスや水の侵入によってコンクリートの中性化を促進させてしまいます。
中性化が鉄筋まで及ぶと、鉄が錆び膨張してコンクリートを押し出す「爆裂現象」を引き起こす結果となります。

外壁を手で撫でると白い粉がつきませんか?

サイディングやモルタルの外壁に塗装を行って5 ~ 10 年以上たつと、触ったときに手に白い粉がつくという事
が起こります。これは外壁塗装の代表的な劣化現象の一つでチョーキング現象(白亜化現象)と呼ばれるもの
です。チョーキング現象はある程度劣化した外壁であれば塗装に樹脂塗料を使っている限りはほとんどの場合に
起こる現象なので、外壁の塗り替えを行う良い目安と言われています。

外壁にカビやコケ類は発生していませんか?

塗料の劣化、色あせ、防水性の低下を放置しておくと、壁が水分を吸収して苔・藻・カビの温床となります。
美観を損ねるだけではなく、アレルギーなどの原因にもなりますので、早急の対策が必要です。

屋根
屋根も常に紫外線や風雨にさらされています。傷み易く汚れや塗料
の剥がれ・劣化が進んでいます。雨漏りによって大事に至ること
も多々ありますので、築年数の長い建物は出来る限り早い対策が
必要となります。


屋根の表面が剥がれていませんか?

屋根も太陽の紫外線や風雨などで塗料が劣化していきます。適正な塗替え時期を過ぎてしまうと、屋根の表面が
ボロボロになってしまい、防水効果なども低下し雨漏りの大きな原因となりますので、いち早い対策が必要です。

ページ上部へ戻る